ServerとWorkstationと分けて導入したRPA ExpressでProトライアルライセンスが期限切れの時の注意事項

how-to
installation
#1

みなさん

RPA Expressを初期導入した際、導入の仕方として下記の様にServerを分離して導入する事は可能ですがそれぞれの機能は下記の配置となります。
image

Proトライアルのライセンスの期限が切れると
・Serverに導入された機能はそのまま残りWorkstaionには無い為RPA Express実行の際は必ずServerと接続された状態が必要になります。
・一度に実行できるBotの数は"1"となり、Proで実行出来た複数のbotを同時に動かすBusiness Processは使えなくなります (シングルプロセス)。
・Botは、StudioからControl Towerに公開(Publish)して実行して下さい。
・1台のPCに導入したRPA Expressと同様のものが、Proのライセンスが期限切れになってもリモートServerとローカルPCで1セットになってると考えれば解りやすいかも知れません。

これは調べた結果で記述したものです、何か気がついた事があれば何でも言って下さい、Support memberに確認します。

s_hagiwara

1 Like