リモートデスクトップライセンスモードのメッセージが出る

WindowsServer2016にRPAインストールすると、下記のメッセージがでます。
image
なぜリモートデスクトップ関連のサービスがインストールされるのでしょうか?
サービスを削除するとどのような影響が出るか教えてください。

N.naritaさん
installされたバージョンは何でしょうか?、

a_hagiwara

こちらになります。
image

N.naritaさん

同時に実行出来るbotの実行数は1でしょうか?、このinstallerは以前のBusinessライセンスの無料トライアルのものでは無いでしょうか?、その場合は実行用にRDSが要求された様に思います、bot1であれば無視しても作動すると思われます。

s_hagiwara

このinstallerは以前のビジネスライセンスの無料トライアルのものでは無いでしょうか?

installerは、ビジネストライアルのものであったかもしれません。

同時に実行出来るbotの実行数は1でしょうか?

同時実行数とは、WFStudioからサーバーコンポーネントをインストールするときに指定したbot数のことでしょうか?
このことでしたら、「4」を指定しました。
しかしながら、先の画像警告メッセージはサーバーコントロールインストール前に表示されていましたので無関係だと思います。
今のところ想定する。ロボット同時実行数は1でございます。

その場合は実行用にRDSが要求された様に思います、bot1であれば無視しても作動すると思われます。

無視してもよいとは、RDSのサービスを削除しても問題ないということでしょうか?
実行用にRDSが要求されたのに、なぜ必要ないのでしょうか?
(→ControlTowerからの実行には必要ないという意味でしょうか?)

・導入環境ですがControl TowerとStudioは同一のローカル環境と考えて宜しいのでしょうか。
同一の環境すなわちControl TowerとStudioが同一のクライアントに導入する形でかつトライアルライセンスが期日が満了しているものであれば同時実行のbotは1となります、その場合はRDSサービスは必要とならないと思われます、Control TowerでBusiness Processの実行を完結する場合はBPに必要なすべてのAppli(例えばMicrosoft Officeなど)はControl Towerと同じマシンに導入されている必要があります。

導入環境ですがコントロールタワーとスタジオは同一のローカル環境と考えて宜しいのでしょうか。

同一のローカル環境になります。

同一の環境であればコントロールタワーとスタジオが同一のクライアントに導入する形でかつトライアルライセンスが期日が満了しているものであれば同時実行のbotは1となります、その場合はRDSサービスは必要とならないと思われます

ということは、有償ライセンスを購入しロボットを同時に2台以上実行したい場合は、RDSライセンスを同時実行数の分だけ購入する。という認識で大丈夫でしょうか?